テレワークの拡大導入 

東京海上日動火災保険は、自宅など社外での勤務を認める「テレワーク」制度を10月から全社員に拡大する。

対象は1万7000人で、日本全国いつでもどこでも利用できるようになる。

これまでテレワークというと、育児介護が必要な社員ら一部に利用が限られていたが、今後は事由を問わず、所属長の許可を得れば利用できる。

東京海上のテレワークでは、自宅での在宅勤務のほか、新幹線などの移動中の交通機関、顧客先、代理店の事務所内で働く「モバイルワーク」が可能。

(2017年8月7日 日経新聞より引用)

テレキューブ最近よく耳にする「テレワーク」ですが、時間と場所にとらわれない柔軟な働き方を指し、Tel(離れて)とWork(仕事)を組み合わせた造語になります。

 働き方改革の推進伴い、画像のようなテレキューブという、まるで電話BOXのようなコミュニケーションブースがニュースで取り上げられていました。

 防音型で、内部にはテーブルとイス、Web会議が利用できるPCが設置されており、セキュリティが保たれた静かな環境で、電話やWeb会議、個人のPCでの作業が可能となっているようです。

駅の構内や空港のロビー、商業施設等に設置が進んでいけば、テレワークを導入していない企業でも、出張や外出中に利用することができ、私たちが目にする機会も今後、増えるのかもしれません。

ある建設業でテレワークを導入していることを明記した技術者求人では、1人の募集に対し約600人の応募があったこともあるそうです。

このように、企業規模や業種によっては、導入が難しいと思われがちなテレワークですが、優秀な人材の確保としては大きなメリットにもなります。

 このような労務管理についてのことなど、ご不明な点がございましたら、福岡の社会保険労務士「篠﨑 隆一」までお問い合わせください。

 

しのざき社会保険労務士事務所
代表 篠﨑隆一
〒811-2101 福岡県糟屋郡宇美町宇美1-9-41
TEL 092-405-0502 FAX 092-932-1837
※面談中等電話に出られない場合でも折り返し電話いたします。

対応エリア(福岡県) 糟屋郡全域(宇美町、志免町、須惠町、粕屋町、篠栗町、久山町、新宮町) 福岡市全域(中央区、博多区、早良区、城南区、東区、南区、西区) 大野城市、太宰府市、春日市、筑紫野市、糸島市、飯塚市、北九州市 上記以外の地域(九州他県でも)でも可能な限り対応致します。

2017年8月12日

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)