平成29年10月分 給与計算の注意点

秋晴れが続いており、気持ちの良い毎日ですね。
福岡の社労士、しのざきです。

さて、多くの事業所様では、平成29年10月勤務分の給与を翌月である11月に支払われるかと思いますが(事業所様の締め日および支払日によって異なります)最低賃金の改正はチェックし、給与額は変更されましたか?
福岡県では、平成29101日より789となっております。

例えば、月末締翌月20日払の事業所様であれば、11月20日支給分の給与計算より、最低賃金を下回る額では違反となってしまいます。
月給制の方も、時給換算した場合にこの789円を下回らないようにご注意下さい。

今回の画像で使っているポスターは、行政機関ではもちろん、ネットや街頭でも見かけ、ご存知の方が多いので、もしうっかり誤って、従来の下回った金額のままで計算していると、従業員から不満を持たれてしまい、信頼を失うことになります。
また、最低賃金法による罰則(50万以下の罰金)が定められています。

給与計算は、この年に1度改定される最低賃金や、労働基準法、社会保険関係各法、所得税法などが複雑に絡み合っていて、思ったより複雑な業務です。

当事務所では、給与計算を含んだ顧問プランもございますので、ぜひお問合せ下さい。

しのざき社会保険労務士事務所 代表 篠﨑隆一
〒811-2101 福岡県糟屋郡宇美町宇美1-9-41
TEL 092-405-0502 FAX 092-932-1837

対応エリア(福岡県) 糟屋郡全域(宇美町、志免町、須惠町、粕屋町、篠栗町、久山町、新宮町) 福岡市全域(中央区、博多区、早良区、城南区、東区、南区、西区) 大野城市、太宰府市、春日市、筑紫野市、古賀市、宗像市、糸島市、飯塚市、北九州市 上記以外の地域(九州他県でも)でも可能な限り対応致します。

2017年11月10日

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)