人材開発支援助成金(特別育成訓練コース)

数多くある助成金のなかで、有期契約労働者に対して職業訓練(OJTやOFF-JT)を行う事業主に対して、その労働者に対して、キャリアアップを目的としています。

まず、人を採用した場合に、OJT(その会社ならではの実務の指導)をおこなうとともに、OFF-JT(イメージとしては、座学でおこなうような、ビジネスマナー、実務に関するテキスト等を使用しての講習などです)が発生するかと思います。

こういった教育をおこなうことで、対象労働者のキャリアッップにもなり、仕事の理解も深まり、短期的な離職を防ぐのはもちろんですが、事業所側としては指導の時間を取ることで大変な面もあるかと思います。

そこで、こちらを活用しながら、事業所としても労働者のキャリアップを図り、安定した教育・人材の確保に繋がるのではないでしょうか?

この制度を利用するのは、対象労働者のジョブ・カードを作成しており、キャリアコンサルティングを受けていることも条件となりますが、当事務所には、「国家資格 キャリアコンサルタント」を持った社労士(女性)がおりますので、そういった準備段階の部分から、計画届の作成(事業所によっておこなう職業訓練が違いますので、打ち合わせをおこないながら作成いたします)、実際の申請等までワンストップでお任せいただくことも可能です。
(もちろん、このうちの一部業務のみでも結構です)


従業員に指導しながら仕事を教えるのは、どんな職種でも当然発生することとなりますので、このような制度を利用してみてはいかがでしょうか?

支給額

※中小企業の額で記載しています。

【OJT】   実施助成 1人1時間当たり760円
【OFF-JT】 賃金助成 1人1時間当たり760円
      経費助成 1人当たり 訓練時間に応じて次の額(実費を限度)

訓練時間 助成額 訓練修了者を正社員等に
転換した場合の助成額
100時間未満 10万円 15万円
100時間以上200時間未満 20万円 30万円
200時間以上 30万円 50万円

対象となる要件等がございますので、詳しくは当事務所までお問い合わせください。

投稿日:

Copyright© 福岡の社労士「しのざき社会保険労務士事務所」 , 2019 All Rights Reserved.