キャリアアップ助成金 正社員化コース

キャリアアップ助成金は現在、3つのコースがあります。

1 正社員化コース、2 人材育成コース、3 処遇改善コースです。

1の正社員化コースは現在、雇い入れている契約社員がよく頑張っているので、正社員にしようと考えている会社に受給が可能な助成金です。

有期雇用から正規雇用に転換すれば1人あたり60万円が会社に支給されます。

2人なら120万円、3人なら150万円が支給されるのです。最近、正社員にしたのでこのキャリアアップ助成金を利用したい!これだと助成金は受給できないのです。

国の助成金というものは事前に計画書というものを助成金センターの窓口へ提出し、受理されていないとダメなのです。

事前に計画書を提出し、計画期間に正規雇用にしたというプロセスが必要です。このキャリアアップ助成金の計画期間は最大5年間取れます。

事業拡大中で雇用を増やそうとお考えの会社・お店ならこの助成金はかなり有効です。

6か月更新のパートタイマーの従業員を更新なしの無期雇用に転換することでもこの助成金は有効です。

ただし基本給を5%以上引き上げることが条件です。有期→無期で1人あたり30万円支給されます。

助成金の原資は雇用保険です。よって雇用保険適用事業所であることが必要ですし、労務管理がしっかりしていることも大事なポイントです。

例えば残業代を正しく支払っているか、社員には残業代込みにしている事業所は要注意です。

解雇・退職勧奨が発生している事業所も助成金を受給できる要件から外れてしまいます。

労務管理を今から整えていくことで助成金を受給できる事業所にしていきましょう。

2の人材育成コースは次回記載します。

2016年7月31日

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)