助成金について 所長ブログ 新着情報

「70歳定年法」新たに4項目 60代後半の就労 企業に努力義務

企業に70歳までの就業機会確保への努力義務を課す「高年齢者雇用安定法」の改正案が通常国会に提出される。60代の働き手を増やし、少子高齢化で増え続ける社会保障費の支え手を広げる狙いがある。定年延長だけでなく、再就職の実現や企業支援などのメニューも加わるのが特徴だ。
(日経新聞 2.1.4より引用)

福岡のしのざき社会保険労務士事務所 代表の篠﨑 隆一です。

現在、シニアの就労について企業は65歳まで就労させる義務があり、定年の廃止、定年延長、継続雇用制度の導入のどれかを取り入れなければなりません。改正後は70歳まで就労させ、新たに他企業への再就職実現等追加される項目が予定されています。

企業としては負担が大きいですが、高年齢者の活用を考える体制を取っていく必要があります。「特定求職者雇用開発助成金」をご存知でしょうか。60歳以上の高齢者をハローワークの求人紹介で採用した場合、支給される助成金です。その他に、契約社員、パート、アルバイトを正社員に転換させた場合に支給される「キャリアアップ助成金」があります。

雇用の助成金を視野に入れながら、高齢者、契約社員等の人材活用を考えてみてはいかがでしょうか。

助成金について色々と話を聞いてみたいとお考えの代表者様、福岡のしのざき社会保険労務士事務所までお問い合わせください。

しのざき社会保険労務士事務所
代表 篠﨑隆一
811-2101 福岡県糟屋郡宇美町宇美1-9-41
TEL 092-405-0502
 FAX 092-932-1837

対応エリア(福岡県) 糟屋郡全域(宇美町、志免町、須惠町、粕屋町、篠栗町、久山町、新宮町) 福岡市全域(中央区、博多区、早良区、城南区、東区、南区、西区) 大野城市、太宰府市、春日市、筑紫野市、那珂川市、古賀市、宗像市、福津市、糸島市、飯塚市、北九州市 上記以外の地域(九州他県でも)でも可能な限り対応致します。

2020年1月23日

-助成金について, 所長ブログ, 新着情報

Copyright© 福岡の社労士「しのざき社会保険労務士事務所」 , 2020 All Rights Reserved.